未分類

家計簿アプリの名前は「zaim」

家計簿をつけるのが面倒、計算が苦手、何から手をつけていいかわからない…そんな人でも簡単に始められるアプリの名前…それは「zaim」です。
このアプリの特徴は、買い物のときに受け取ったレシートをスマホカメラで撮影するだけで、内容を自動的に読み取り、計算までしてくれる点にあります。

また、あらかじめ月の予算を決めておくことができ、使いすぎかどうかを瞬時に判断することができます。
例えば、一ヶ月の食費を3万円に設定したとしましょう。10日の時点で5000円しか使っていなければ緑色、1万円前後なら黄色、2万円なら赤色で表示されるので、お金の管理が非常にしやすいです。

日ごとの集計、月ごとの集計だけでなく、食費や交通費など、科目による集計や、月平均使用額の推移もシンプルな操作ですぐに切り替えることができます。
もちろん家賃や新聞代などの固定出費も、あらかじめ設定しておくことで自動的に入力することができますし、使用量に応じて金額が変わる水道光熱費なども、手入力でアプリに反映させることができます。

紙の家計簿とは異なり、筆記用具を使わずいつでもどこでも入力できるので、つけ忘れることもありません。お金の流れを把握することで、支出の無駄を徹底的に省き、節約や貯金につなげていくことができます。

一人暮らしを始めたばかりの学生さんから、ベテラン主婦の方まで、節約を心がける人にとっては欠かさないアプリだと言えるでしょう。