未分類

断捨離で運命を変える

断捨離が流行り始めた頃から、断捨離をしています。第一回目は約8年前。失業を機に自分を変えたくて、変わりたくて断捨離にしがみつきました。これなら私にもできそうと思ったのだろう。その時はベットの下にあるダンボール箱、スーツも数着捨てまくりました。自分の部屋がカラカラになった時、当時の部屋よりも環境の良い部屋へ同じ家賃で引っ越すことができました。それも予期せぬ事で自分で部屋を探していたわけではなく、突然声がかかったのです。これが一番の断捨離効果でしょうか?そこから、徐々に新しく家具を揃えていったり自分の部屋を整えるようになりました。

ブラック企業からなんとか契約社員だけれども、人間らしい暮らしのできる仕事徐々に就けるようになりました。以前のように「酷く散らかった状態」は無いにせよ、そこそこ普通の状態をキープしています。また、お昼はすべて外食やコンビニのお弁当だったのですが、自分で(無理の無い範囲で)お弁当を作って持っていったり、夕食もなるべく自炊を心がけるようにしています。

仕事や恋愛の効果はあまり感じませんでしたが、断捨離の次は体のケアをしたくなるのか、若い頃より肌が今の方がきれいでスベスベになってきました。肌や体については自信が持てるようになってきました。しかし、生活が乱れる時は当然あります。そういう時はやはり部屋が散らかっている時。そして今また断捨離だのそうじ力に頼ろうとしています。今度は自分自身の幸せを追求するため。単にものを捨てるのではなく、自分はこのモノを持つにふさわしいか?もしくはこれをもっていて、良い気分になるか?所謂、ときめくものだけを残す片付けというものです。単にモノを捨てるのでは無く、よく吟味して捨てる。また、捨てるのであればそれ以上のモノが来ると信じて捨てるのです。そうすると好転反応がやってきました。風邪は長びくし、熱が突然でたり、自分はなんて不幸なんだ。と突然、泣き始めたり(勿論自分の部屋でですよ。)今までのつらかった事が一気にわーっと溢れたのです。なんでなんでなんで、私だけが・・・。という気分になっていました。断捨離なんてやってもいい事ない。努力なんて報われないと思うようになってしまったのです。

そんな気分が数ヵ月続いていました。そして、ようやく落ち着いた今。やっと私は自分は幸せになってもいい。と受け入れられるようになってきました。目に見えるような変化はないけれど、少しずつ、明るい未来というのを描けるようになってきたのです。私にも素敵な人が現れますように。