未分類

後から効いてくるお金の節約法

私が色々と試していた節約術の中でも特に皆様におススメしたいのは【500円玉貯金】です。それ節約じゃなくて貯金じゃん。とつっこまれる方もいそうですが、これは立派に節約になります。というのも、500円をそのまま持ってたら本来は使ってしまいますね。お金ですから当然です。ですが、もし500円玉硬貨は貴重だから使わないで大事に取っておく、そんな習慣が身に付いたらどうなると思われますか?

カンタンに言いますと【半年間で9万円】の節約になります。これは一日1枚ずつ取っておく計算ですが、500円×180日=90,000円になります。半年毎に9万円も節約出来たらどうでしょうか?独身の方であれば、安いところなら1年に1回のペースで海外旅行行けてしまいますし、家庭がある方でも国内旅行が出来てしまう金額になります。これが500円硬貨の効果です。100円では頑張っても18,000円にしかなりませんが、500円なら9万円です。

では具体的な節約方法をお伝えしますと【お会計の際になるべく500円玉のお釣りが出るようにする】これだけです。後は入手した500円玉は使わずに貯金箱に保管する。これの繰り返しです。私は独身で毎日買い物する機会があったので、その都度500円玉を入手してました。支払いは基本1000円札で行い、600円や700円の際には小銭から100円追加して500円玉のお釣りが出るようにしてました。貯金箱が初めて満杯になった時の達成感と、このお金が自由に使える幸福感がやみつきになり今では5回目くらいになります。もはや私の中では500円玉硬貨は使うものではなく、とっておくものになりました。

一日500円。半年後には9万円。この金額は大きいです。ポイントは貯まるまでやるのではなく、半年毎にリセットした方がいいです。貯まるまでやってしまうと貯金のアタマになってしまい使うときに躊躇してしまうことになるからです。このお金は節約して後でぜいたくに使う。そう思いながらやるのが大事です。ものは試し、是非一度お試しあれ。